Apple、「Mac OS」のセキュリティ改善に向けKasperskyに協力を要請

MacRumorsによると、ロシア・モスクワに本社を置くコンピュータセキュリティ会社Kaspersky Labの最高技術責任者であるNikolai Grebennikov氏が、最近、Appleの要請で”Mac OS”プラットフォームの脆弱さを分析するプロセスを開始した事を明らかにしたそうです。

 Antivirus Software and Free Online Virus Scan.gif

Nikolai Grebennikov氏は「Mac OSは本当に弱い」と主張しており、Appleがセキュリティを改善する為に同社を誘ったそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。