Apple、WWDCで「Sundance」というコードネームの「iOS 6」を発表か?!

ios_icon.pngTechCrunchによると、「iOS 6」はAppleの内部では「Sundance」というコードネームで呼ばれており、6月のWWDCでDeveloper Previewという形式で披露されるようだと報じています。
他にも色々と書かれているのですが、今外なのでまた後ほど追記します(汗)。
【UPDATE】
「iOS 6」には昨日から情報が出てきている3Dモードが特徴の新しい地図アプリに加え、Siriの新たなAPIやiPadにもSiriが搭載されるといった情報もあるようです。
また、新しいiCloudの機能も「iOS 6」の重要な部分であり、他にも「iTunes 11」については大規模な改造に集中しているようだとの情報もあるとのこと。
なお、過去に「iOS」のコードネームはアメリカのスキーリゾートから取られている事が明らかになっていますが、「Sundance」もアメリカのスキーリゾートの名称となっています。
【関連エントリ】
 ・【更新】「iOS」の各バージョンのコードネーム集 (日本語訳追加)
(更新中)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で