2011年度の日本国内での「iPhone」の出荷台数は725万台

ケータイWatchによると、本日、MM総研が、2011年度(2011年4月~2012年3月)通期の国内携帯電話端末の出荷状況を調査した結果を発表したそうです。



2011年度の総出荷台数は4274万台(前年比13.5%増)で、このうちスマートフォンは2417万台となっており、全体の56.6%を占めるそうです。



メーカー別の出荷台数及びそのシェアが下記の通り。




順位メーカー名出荷台数シェア
1富士通776万台17.9%
2Apple725万台17.0%
3シャープ719万台16.7%
4パナソニック407万台9.5%
5ソニーモバイル381万台8.9%
6京セラ369万台8.6%
7NECカシオ301万台7.0%


また、スマートフォン市場のメーカー別シェアはAppleが1位で、OS別シェアはAndroidが69.0%、iOSが30.0%となっているそうです。



【引用元】

 ・ケータイWatch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事