Apple、「iOS 5.1.1」で4件の深刻な脆弱性を修正

ios_icon.png本日、Appleより「iOS 5.1.1」がリリースされましたが、ITmediaによると、同アップデートでは複数の深刻な脆弱性が修正されているそうです。
「iOS 5.1.1」では、WebKitに存在するクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性やメモリ破損問題に加え、Safariに存在するURLスプーフィングの脆弱性など計4件の脆弱性が修正されているとのこと。
また、同アップデートによりSoftBank版iPhoneで発生していたMMSの絵文字問題も改善されているようです。
 ・iOS5.1.1でSoftBank MMSの絵文字問題が解消
  (iPhoneちゃんねる)
【引用元】
 ・ITmedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。