「iPhoto for iOS」で「OpenStreetMaps」のデータを採用している事がAppleからも正式に確認される

iPhoto for iOS」では「OpenStreetMaps」のマッピングデータが採用されているもののAppleからは何も発表などは無いままだったのですが、TNWによると、先日にリリースされた「iPhoto for iOS 1.0.1」でAppleからも「OpenStreetMaps」のデータを使用している事が正式に確認されたそうです。
「iPhoto for iOS 1.0.1」では設定アプリの”iPhoto”の項目に新たに「謝辞」が追加されており、その中に「OpenStreetMaps」の名前も記載されているとのこと。
(下記画像参照)

ipadosmss1.jpg
(クリックにて拡大)
【関連エントリ】
 ・Wikipediaも「Google Maps」から「OpenStreetMap」へ切り替え
 ・Microsoftも「OpenStreetMap」を支持
 ・Apple、「iPhoto for iOS」のマッピングデータにOpenStreetMapを使用

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で