次期iPhoneは4インチディスプレイ、金属製バックパネル、新型Dockコネクタを採用か?!

本日、iLoungeが、情報筋より聞いたという次期iPhoneに関する情報を公開しています。
まず、新しいiPhoneは「iPhone 4/4S」に比べより長く、より薄く、その大凡のサイズは125×58.5×7.4㎜になるようです。
(iPhone 4Sのサイズは115.2×58.6×9.3㎜)

newiphonedimensions.jpg newiphonethinness.jpg
また、新しいiPhoneのバックパネルの中央部分は金属製になり、過去に噂されたティアドロップ形状のデザインは破棄され、その形状は「iPhone 4/4S」と同じようなフラットなデザインになるそうです。
更に、新しいiPhoneは部分的に「Gorilla Glass 2」が採用されるようで、本体の高さの変化から3.5インチから約4インチまでディスプレイが大きくなる事が予想され、横幅が広がらない事から初めてアスペクト比が変更されるかもしれないとのこと。
他にも、新しいiPhoneでは新しいDockコネクタも導入され、そのコネクタの大きさは「iPhone 4/4S」の下部にあるスピーカーの穴もしくはマイク穴より少し大きい程度だそうで、その穴の形状は錠剤の形に近いとのこと。
newiphonebottom.jpg
また、このDockコネクタは最新のCPUやディスプレイを搭載した次期iPod touchを含む、全ての次期iOSデバイスで採用される模様。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で