MS、「Windows 8」で「Windows Live」ブランドを消滅へ

windows live logo.jpg以前に同様の情報をお伝えした事がありますが、ITmediaによると、本日、米Microsoftが「Windows Live」のブランド名を「Windows 8」のリリースとともに消滅させる計画を正式に発表したそうです。



同社は現在「Windows Live」のブランド名を様々なサービスや製品で使用しているが、ユーザーからは複雑で分かり難いとのフィードバックを受けており、「Windows 8」では「Windows Live」を、Metroスタイルアプリからも、Webブラウザからも、Windows PhoneからもアクセスできるシームレスなWindows体験の一部とし、“別のブランド名”の別のサービスではなく、PCを起動したときからWindows体験に含まれるものにするとのこと。



なお、各サービスのブランド名変更の詳細は下記の通り。




旧サービスWindows 8Windows PhoneWeb
Windows Live ID, PassportMicrosoft accountMicrosoft accountAccount.live.com
FolderShare, Live Mesh, Windows Live MeshSkyDrive app, SkyDrive DesktopSkyDrive app, Office appSkyDrive.com
Windows Live Mail, Outlook ExpressMail appMail appHotmail.com
Windows Live Mail, Windows CalendarCalendar appCalendar appCalendar.live.com
Windows ContactsPeople appPeople appPeople.live.com
MSN MessengerMessaging appMessaging appHotmailとSkyDriveに統合
Windows Live Photo Gallery, Windows Live Movie MakerPhotos app, Photo Gallery, Movie MakerPhotos app, Camera RollPhotos.live.com


【引用元】

 ・ITmedia



【関連エントリ】

 ・Microsoft、「Windows 8」から”Zune”と”Windows Live”のブランド

  名を廃止へ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事