MacBookシリーズへのリキッドメタル採用は早くても数年後か?!

本日、Business Insiderが、リキッドメタルの発明者の1人であるAtakan Peker氏へのインタビュー内容を公開しています。
Atakan Peker氏によると、リキッドメタルはまだ製造プロセスとアプリケーション開発が成熟していない発展途上の技術であり、この合金技術をフルに活用する為の製造基盤がまだなく、Appleが技術を成熟させる為には多分3〜5年掛かると予想されるとのこと。
Appleは製品でリキッドメタルを使用する独占権があるものの、噂されているMacBookシリーズへのリキッドメタル製筐体採用については、近い将来にリキッドメタル製筐体が採用される事はなく、ヒンジやブラケットで採用される可能性はあるものの、筐体に採用するのはあと2〜4年かかるそうです。

liquidmetal_macbook_pro_mockup.jpg
(クリックにて拡大/デザイナーのDario Crisafulli氏が作成したイメージ画)
また、AppleはiPhone 3GのSIMカード取り出しピンでリキッドメタルを採用しており、他に過去にリキッドメタルを採用した会社はNokiaとSamsungで、両社とも折り畳み型携帯電話で採用したそうです。
なお、同氏はAppleが画期的な製品でこの技術を使用すると予想しているそうです。
【関連エントリ】 
 ・次期MacBook (Pro/Air?) はリキッドメタル製の筐体を採用し、
  USB 3.0をサポートか?!

 ・次期MacBook Proの筐体はリキッドメタルの技術を採用か?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で