Apple、Dropboxを利用するiOSアプリをリジェクト

Business Insiderによると、Dropboxのサポートフォーラムで、あるアプリの開発者がAppleにDropboxを利用するiOSアプリがリジェクトされたと報告しているそうです。
リジェクトの理由は、このアプリはユーザーがDropboxをインストールしていない場合、ユーザーをDropboxのサイトにリダイレクトしてリンク承認させるようになっており、そのサイトに”Desktop version”というリンクがある事からDropboxサイト内の他の購入可能な場所に誘導する事が出来る為とのこと。

dbreject.jpg

そして、これがApp Storeの審査規約の”11.13″の項目に該当する事からリジェクトされたようです。

11.13 アプリ(例えばデジタルブックを購入するためにウェブサイトに行く「買物」ボタン)で使われる購買内容のために外部メカニズムとつながるアプリはリジェクト
(引用元:iPhone アプリケーション開発 まとめ Wiki)

なお、開発者はDropboxに対し、”Desktop version”のリンクの削除を要求しているそうです。
【参考元】
 ・Modern Syntax

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。