Net Applications:「Windows XP」のシェアは依然として1位

ms_winxp.gif本日、Net Applicationsが2012年4月度のOSのバージョン別シェアを公開しましたが、Neowin.netによると、発売から10年以上経過した「Windows XP」のシェアは46.08%と未だに1位を保持しているそうです。
ちなみに2位は「Windows 7」でシェアは38.67%となっています。
なお、同じく各種シェアを公開しているStatCounterのデータでは、既に2011年10月に「Windows 7」のシェアが「Windows XP」のシェアを追い抜いており、どちらのデータが正しいのかは不明ですが、目安として捉えておけば良いと思います。
【関連エントリ】
 ・「Windows 7」のシェアがついに「Windows XP」を追い抜く

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事