Mac向けマルウェア「Flashback」の被害額は約80万円/日

ITmediaによると、シマンテックが、先月より話題のMac向けマルウェア「Flashback」のコンポーネントを解析した結果、同マルウェアはGoogleが広告で上げる収益をかすめとることが目的だった事が分かったと報告しているそうです。
また、その被害額は毎日1万ドル(約80万円)以上に及ぶと推定されるようです。
【引用元】
 ・ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で