Mac向けマルウェア「Flashback」の被害額は約80万円/日

ITmediaによると、シマンテックが、先月より話題のMac向けマルウェア「Flashback」のコンポーネントを解析した結果、同マルウェアはGoogleが広告で上げる収益をかすめとることが目的だった事が分かったと報告しているそうです。
また、その被害額は毎日1万ドル(約80万円)以上に及ぶと推定されるようです。
【引用元】
 ・ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事