ADR Studiog、コンセプトモデル「iPhone+」のデザインを公開

本日、過去に次期iPhoneやiWatchなどのコンセプトデザインを公開しているADR Studiogが、新たに「iPhone+」というコンセプトモデルのモックアップ画像を公開しています。
その一部が下記画像ですが、スペックは4.3インチのRetinaディスプレイ、アルミ製バックパネル、クアッドコアA6プロセッサ、1,000万画素カメラ(フロントは200万画素)、タッチ式ホームボタン、薄いDockコネクタ、ピコ・プロジェクター内蔵などとなっています。

iPhone-plus-7.jpg
iPhone-plus-6.jpg
iPhone-plus-8.jpg
(クリックにて拡大)

あくまでコンセプトで、デザインには賛否両論があると思いますが、数年後にはこんなスペックになっているのでしょうか。
なお、上記以外にも多数の画像が公開されていますので、ADR Studiogへどうぞ。
また、ADR Studiogの過去の公開作品は下記の関連エントリ先へどうぞ。
【関連エントリ】
 ・「新しいiPhone」のコンセプトデザイン
 ・“iWatch 2″のコンセプトデザイン
 ・“iWatch”

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。