MS、「SkyDrive」のWindows向けアプリや有償オプションなどをまもなく発表か?!

本日、The Vergeが、Microsoftの計画に詳しい複数の関係者によると、Microsoftは今後数週以内にWindows向けの新しい「SkyDrive」アプリを発表する事を計画しているようだと報じています。

4861.image_5F00_thumb_5F00_4A709A32.png

Microsoftは数ヶ月間もの間、同アプリのテストしていたようで、Dropboxのようにデータを同期させる事が出来るようです。
また、有償のストレージオプションの提供も開始されるようで、20GB(10ドル/年)、50GB(25ドル/年)、100GB(50ドル/年)になる模様。
更に、Microsoftは5月以降の新規ユーザーに対して無料ストレージ容量を25GBから7GBへと引き下げる事を検討しているとの情報もあるようで、今週後半に開催されるThe Next Web Conferenceで計画の一部が発表される事になっているようです。
無料ストレージ容量の引き下げの情報が本当かどうか気になるところですが、もしまだ登録されていない方は念のため新規登録だけでもしておいた方が良いのかもしれません。
【関連エントリ】
 ・Microsoft、PCとMac向けに「SkyDrive」のクライアントアプリ
  をリリースか?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。