次期iPhone、インセル型タッチパネルなどの採用で厚みは8㎜未満に?!

iphone5icons.jpg先日、次期iPhoneはインセル型タッチパネルを採用するようだとの情報をお伝えしましたが、MacRumorsによると、次期iPhoneで同技術を採用する事により、本体の厚みをiPhone 4Sの9.3㎜から8㎜未満まで薄くすることが出来るとアナリストのMing – Chi Kuo氏が報告しているそうです。
Ming – Chi Kuo氏は、iPhoneの競争相手であるAndroid搭載端末は既に7~8㎜まで薄型化されており、AppleもiPhoneの売上高を維持する為に次期iPhoneの厚みは8㎜以下をターゲットにしてくると予想しているようです。
Ming – Chi Kuo氏の推測では、インセル型タッチパネルの採用で約0.5㎜薄くなり、更にバッテリーも約10%薄くなると予想され、残りの0.5㎜は金属製のバックパネルを採用する事で薄く出来るだろうとのこと。
(下記の図参照)

iphone_in_cell_thickness.jpg
(クリックにて拡大/Photo by MacRumors)

【関連エントリ】
 ・次期iPhoneはシャープなどのIn-Cellタッチパネルを採用か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。