「iTV」はKinectのようなテレビゲーム機能を内蔵か?!

Are-we-still-judging-Apple-by-Steve-Jobs_id27869.jpg昨日にAppleのティム・クックCEOが大手ゲーム会社のValveを訪問していた事が判明したもののその訪問理由は明らかにはなっていませんでしたが、本日、Cult of Macが、その訪問理由を推測しています。
まず、Cult of Macの情報筋によると、AppleはタッチスクリーンリモートやSiriのような音声認識技術を内蔵したテレビの開発に取り組んでおり、そのテレビは2012年末前に登場する予定だそうです。
また、AppleのテレビはMicrosoftのKinectのようなテレビゲーム機が内蔵されていると情報筋は述べているようで、インターフェイスはモーション及びタッチコントロールに依存するようです。
更に、ティム・クックCEOが訪問したValveは、自社のオンラインゲーム配信サービス「Steam」のリビングルーム向け専用ハードウェア「Steam Box」を開発しているようだとの噂されており、求人募集などからも同社が不可解なハードウェアプロジェクトに取り組んでいる事が明らかになっているようです。
そして、Cult of Macは上記の情報から、AppleとValveは協力してリビングルーム向けゲームに進出するのではないかと予想しています。
【関連エントリ】 
 ・Appleのティム・クックCEO、大手ゲーム会社のValveを訪問

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。