Retinaディスプレイ不足が「新しいiPad」の出荷量に影響

ipad3icon.pngApple Insiderによると、Sterne AgeeのアナリストであるShaw Wu氏がサプライチェーンを調査したところ、Retinaディスプレイの供給量が少ない事から「新しいiPad」の出荷量が制限されているようだと報告しているそうです。
なお、同氏は新しい生産ラインや供給元の追加などから来四半期にはこの状況は改善されると予想しているそうです。
「新しいiPad」用のRetinaディスプレイはSamsungが供給しており、LG Displayとシャープも最近になって少量出荷を開始したと言われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。