次期iMacはノングレア液晶が用意され、より薄く、軽くなる?!

cto_imac.jpegApple Insiderによると、本日、DigiTimesが、G-Techは、Appleの「iMac」向けにARコーティング(ノングレア処理)が施されたガラスを供給することになっているようだと報じているそうです。
現在、Appleは「MacBook」ファミリー向けにオプションとしてノングレア(非光沢)液晶を提供していますが、この話が本当であれば「iMac」向けにもノングレア液晶が提供される事になります。
また、問題に精通した関係筋によると、Appleは、現行の「iMac」とフットプリント(機器が占有する床面積やコネクタが占有するスペースの事)は似ているものの、より軽く、より薄くなったモデルの開発に取り組んでおり、新モデルは今年後半に発売されるとの噂もあるようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。