ソフトバンク、次世代高速データ通信サービスを2012年秋以降に提供開始と発表

本日、ソフトバンクモバイル株式会社が、次世代高速データ通信サービス(FDD-LTE)を2012年秋以降に提供開始することを発表しています。
また、次世代高速データ通信サービス対応のスマートフォン向けには、月額5,985円のパケット定額サービスを提供する予定だそうです。
なお、次世代の高速データ通信サービスは、AXGP(Advanced eXtended Global Platform)に加え、新たにFDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)を展開するようで、FDD-LTEを利用した高速データ通信サービスは、2012年秋以降にネットワークの稼働を予定しており、対応エリアは全国の主要都市から順次拡大していくとのこと。
 ・プレスリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。