「新しいiPad」のバッテリーインジケーターは不正確??

PC Magによると、DisplayMateのRaymond Soneira氏が、「新しいiPad」のバッテリーインジケーターは不正確なのではないかと報告しているそうです。
今日未明にも他の記事で「新しいiPad」はバッテリーインジケーターが100%表示になった後も約1時間ほど充電し続けているようだとお伝えしましたが、Raymond Soneira氏の新たなテストによると、「新しいiPad」はバッテリーインジケーターが100%表示になってから2時10分後に充電サイクルを完了した事が分かったそうです。

nipad100per.jpg
これはハードウェアに問題があるのではなく、全てのモバイルデバイスの充電インジケーターは、充電率と放電率と最近の放電歴の数学的モデルに基づいているようで、「新しいiPad」のバッテリーインジケーターの計算アルゴリズムが不正確なのではないかとみられています。
Appleからは何もコメントが無いですし、実際にRaymond Soneira氏のテストが正しいのかも不明です。それにインジケーターもあくまで目安なので、「新しいiPad」を外へ持ち出す際は気持ち少し長めに充電するように心がけておけば良いと思います。
【関連エントリ】
 ・「新しいiPad」はバッテリー残量が100%表示になっても充電は完了して
  いない

 ・「新しいiPad」の電源アダプタはパワー不足?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事