iOSの「Mobile Safari」に未解決の脆弱性が見つかる

ios_icon.pngITmediaによると、米AppleのiOSに搭載されている「Mobile Safari」に未解決の脆弱性が見つかったそうです。
脆弱性はMobile Safariに使われているレンダリングエンジンWebkitに存在し、悪用された場合、WebサイトのURLを偽装して不正サイトを正規のサイトに見せかける手口を使い、フィッシング詐欺などに利用される恐れがあるとのこと。
なお、この脆弱性は最新の「iOS 5.1」ではまだ解決されておらず、Appleからのアップデート待ちといった状況ですのでご注意を。
【引用元】
 ・ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事