アダルト画像を用いたMac向けマルウェアが出回る

ITmediaによると、セキュリティ企業のIntegoが、Javaの脆弱性を突いてMacに感染する新手のマルウェア「Tibet.A」が出回っているのが見つかったと報告しているそうです。
このマルウェアは細工を施したWebサイトをユーザーに閲覧させてJavaアプレットをダウンロードさせ、Javaの既知の脆弱性を突いて感染するそうで、最新のアップデートを適用してあれば問題はないそうです。
また、イギリスのSophosによると、スーパーモデルの画像でユーザーの目を引いてMacに感染するマルウェア「Imuler-B」も出回っているようで、対策としてはファイルの拡張子を表示するように設定した方が良いとのこと。
【引用元】
 ・ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事