Apple、次期iPhone用の部品を評価及びテスト中か?!

buystrip_iphone4s2.jpgApple Insiderによると、投資会社のBarclaysが、Appleは、現在、次期iPhoneの為のコンポーネントの評価及びテスト期間の真っ只中にあるようだと報告しているそうです。
Appleが次期iPhoneで利用することになっているパーツはQualcommのLTEチップ「MDM9615」で、「新しいiPad」のLTEチップである「MDM9600」の後継モデルとなっており、LTE(FDDおよびTDD)、DC-HSPA+、EV-DO Rev-BおよびTD-SCDMAをサポートしています。
また、次期iPhoneは様々な国のLTEネットワークと互換性を持つ”ワールド”デバイスである事になっているそうで、Qualcomm以外にAppleへコンポーネントを供給していると言われている会社はSkyworks Solutions、TriQuint Semiconductor、Avago Technologiesだそうです。
なお、次期iPhoneは9月に発売されるだろうと予想されているそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。