Wintek、今四半期に約1,800万台のiPhone/iPad向けタッチモジュールを出荷

台湾の大手タッチパネルメーカーであるWintekはAppleのiPhone及びiPad向けにタッチモジュールを供給していますが、本日、DigiTimesが、Wintekは今四半期(1~3月)にiPhone向けのタッチモジュールを1,100万台、iPad向けのタッチモジュールを700万台出荷する事になっているようだと報じています。

winteklogo-header.jpg
なお、「新しいiPad」の売れ行きが好調であれば、第2四半期は更に出荷量が増えるものと予想されています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事