早くも20万台の「新iPad」が中国深センのグレーマーケットに?!

ipad3icon.png3月16日より日本や香港を含む10カ国で「新しいiPad」の販売が開始されましたが、TNWによると、その発売から4日間で約20万台の「新しいiPad」が中国深センのグレイマーケット向けに密輸されたようだとCUTVが報じているそうです。
深センのお隣の香港からだけではなくアメリカ本土からも輸入されているようで、伝えられるところでは、ブローカーは米国から輸入した場合は1台につき約20ドルの報酬が貰えるようで、香港からだと1台につき約12.5ドル貰えるようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事