シャープ、「iPad」向け新型液晶パネルの出荷遅延を認める

ipad3icon.pngringo-sancoさん経由で知りましたが、日本経済新聞によると、本日、シャープの奥田隆司・常務執行役員が都内で記者会見を行い、亀山第2工場で量産準備中の「iPad」向けとされる新型液晶パネルについて「できるだけ早く出荷したい」とコメントし、2月中としていた従来計画より遅れていることを認めたそうです。
なお、「新しいiPad」向けの液晶パネルはSamsungとLG Displayが供給していると言われています。
【関連エントリ】
 ・SamsungだけでなくLGも「新型iPad」向けにパネルを供給へ
 ・「新しいiPad」のディスプレイはSamsungが独占供給か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事