「OS X Mountain Lion DP2」では位置情報ベースのリマインダーを作成可能に

9 to 5 Macによると、先日に公開された「OS X Mountain Lion Developer Preview 2」では、”リマインダー”アプリで位置情報ベースのリマインダーがサポートされているそうです。

reminders1.jpg
(クリックにて拡大 / Photo by 9 to 5 Mac)
「Developer Preview 1」では日時ベースのリマインダーのみ作成可能でしたが、「Developer Preview 2」では位置情報ベースのリマインダーも作成可能になっており、Wi-Fiから位置を特定しアラートしてくれるようです。
また、作成したリマインダーをiCloudを使用しているiOSデバイスにOTAで同期する事も可能で、Macで作成し、iPhoneでアラートさせるという事も可能なようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事