中国でのスマートフォン市場シェア、Appleは5位

buystrip_iphone4s2.jpgelectronistaによると、Appleの「iPhone」は世界各国でシェアをリードしているが、中国でのAppleのスマートフォンの市場シェアは7.5%で第5位に留まっているようだとGartnerのアナリストであるSandy Shen氏が報告しているそうです。
また、ライバルであるSamsungの中国でのシェアは1位で24.3%あり、Appleの3倍となっているようで、そのシェアの差(16.8%)は2011年第3四半期から約2倍に膨らんでいるようです。
なお、その差が広がった要因としては、最新機種の「iPhone 4S」が中国では2012年1月まで発売されなかった事や、Appleは先週まで中国のChina UnicomからしかiPhoneを提供しておらず(3月9日からはChina Telecomからも販売が開始された)、一方のSamsungは世界最大の携帯電話キャリアであるChina Mobileを含む中国の全3社から端末を提供している事などが挙げられるとのこと。
【関連エントリ】
 ・China Telecom、本日より「iPhone 4S」の販売を開始/予約台数は
  20万台以上に

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事