新しいiPad、7月25日以降は21MbpsのHSPA+に対応へ (ソフトバンク版)

ipad3icon.png本日、ソフトバンクが3月16日より新しいiPadの販売を開始する事を発表し、本日よりその予約受付をスタートさせましたが、ITmediaによると、新しいiPadはソフトバンクが2012年7月25日以降から利用出来る900MHz帯のHSPA+に対応する事から、7月25日以降はHSPA+による下り最大21Mbpsのデータ通信が利用可能になるそうです。
【引用元】
 ・ITmedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。