新しい「iPad」のベースバンドチップはQualcommの「MDM9600」か?!

AnandTechが、AppleのLTE対応iOSデバイスではQualcommの28nmプロセスが採用されたベースバンドチップ「MDM9615」が搭載されるものと予想されていたが、「ipsw」ファイルを調べたところ”MDM9600″という記述が見つかり、新しい「iPad」には45nmプロセスが採用されたQualcommのベースバンドチップ「MDM9600」が搭載されているようだと報じています。

1799.png
(クリックにて拡大 / Photo by AnandTech)
なお、この「MDM9600」は、UE Category 3 LTE, CDMA2000 1x/EVDO Rev.A・B, GSM/EDGE, WCDMA/HSPA+, DC -HSPA+ 42Mbpsに対応しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事