Intel、2012年第2四半期に多数のサーバ向けプロセッサを投入へ

intel_new.gif昨日にIntelが「Xeon E5-2600」シリーズプロセッサを正式発表しましたが、DigiTimesによると、Intelは引き続き2012年第2四半期にワークステーション向けの新しいプラットフォームである“Carlow”を市場に投入する用意が出来ているようです。
“Carlow”は、”IvyBridge”ベースの「Xeon E3-1200 v2」シリーズプロセッサと「C210」チップセットの組み合わせたプラットフォームで、11種類の「Xeon E3-1200 v2」プロセッサがリリースされる模様。
また、Intelは同じ2012年第2四半期に、次世代サーバー向けプラットフォームである”Romley-EP”とコードネームで「Poulson」と呼ばれている次期Itaniumプロセッサも市場に投入するようで、”Romley-EP”は「Xeon E5-2400」プロセッサと「C600」チップセットの組み合わせたプラットフォームになるようです。
【関連エントリ】
 ・Intel、”Xeon E5″シリーズプロセッサを正式発表

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事