Apple、「iPhoto for iOS」ではGoogle マップを使用せず

MacRumorsによると、本日リリースされた「iPhoto for iOS」の地図はGoogle マップではないマッピングサービスを利用している事が分かったそうです。

iphotoiosmaps.jpg
Appleは2011年10月に3D地図作成会社のC3Technologies社を買収していますが、これがC3Technologies社の技術を利用したものなのかなどは不明とのこと。
また、9 to 5 Macによると、AppleとGoogleの契約は今年限りで終了するようで、今後、iOSのマップアプリでもGoogle マップからApple独自のものに切り替えられる事が予想されます。
【関連エントリ】
 ・米Apple、3D地図作成会社のC3 Technologies社を買収
 ・Apple、マップと検索に関するGoogleとの契約を更新

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事