次期iPadの隠し機能は「触覚フィードバック技術」か?!

Neowin.netによると、次期iPadは「触覚フィードバック技術」を搭載したディスプレイを採用するかもしれないと予想されているそうです。
これはThe GuardianThe Next Webの両サイトがたまたま別々に予想したもので、次期iPadにはSenseg社のE-Senseという触覚フィードバック技術が採用されるのではないかと考えられており、触覚フィードバック技術とは、タッチパネルなどのディスプレイを指で触ったときに、ガラスやプラスチックでできているパネル表面のつるつるした触覚ではなく、そのパネルに映し出されている物体の表面を触っているような触覚を提供する技術だそうです。

また、今晩の次期iPad発表イベントの招待状に記載されているフレーズ “We have something you really have to see. And touch” (日本語版では”どうしてもその眼で見て、その指で触れたくなるものをご紹介します”) の最後の”And touch”の部分からも同技術が採用されているのではないかと予想されているようで、Appleは何かを意味せずにそのような言葉を招待状の中で使用しないと考えられており、次期iPadが高解像度のRetinaディスプレイを特徴とするのであれば”タッチ”という言葉はふさわしくなく、”タッチ”に関する新機能/新技術が搭載されるものと予想されるとのこと。
(Appleは昨年10月の「iPhone 4S」の発表イベントの招待状には”Let’s talk iPhone”と記載し、最終的には「Siri」を発表した経緯があります)

SShot 2012-02-29 2.09.png

Senseg社はAppleとの関係についてはノーコメントのようで、Senseg社のテクニカルマーケティングマネージャーであるPetri Jehkonen氏はAppleが顧客であるかどうかを聞かれた際に「それはAppleが言うことでしょう。私のコメントはノーコメントです。」と述べ、否定も肯定もしなかったとのこと。
なお、Senseg社は日本では東芝情報システム株式会社とパートナーであり、同社のE-Senseについては下記の参考元のリンク先を参照して下さい。
【参考元】
 ・触覚UI技術 Senseg E-Sense(センセグ イーセンス) – 東芝情報システム
 ・Senseg社の公式ホームページ(日本語)
 ・「触覚フィードバック技術」って何だ? – J-NET21
【関連エントリ】
 ・Apple、3月8日に日本でもメディア向けイベントを開催へ
 ・Apple、3月7日に次期iPadの発表イベントを開催する事を発表

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。