中国の鄭州市で「iPhone」を巡り殺人事件が発生

Business Insiderによると、現地時間の2月28日に中国の河南省鄭州市で「iPhone」を巡り殺人事件が起きたそうです。

fengimage.jpg

犯人は29歳のFengという人物で、Fengは携帯電話を買いに行ったところ、本物の「iPhone」であると騙されて偽物の「iPhone」を買わされた事に腹を立て、数日間、包丁を持って偽iPhoneを販売した人物を捜していたそうです。
そして、最終的にFengに偽iPhoneを売った人物は見つからなかったものの、同じ偽iPhoneを騙して販売していた詐欺グループを見つけ、口論などをした後にそのグループの1人を包丁で刺して殺してしまったそうです。
(殺害前にFengは詐欺グループに囲まれ暴行された模様)
なお、詐欺グループはその偽iPhoneを2,000元(約26,000円)で販売していたそうで、既にFengは逮捕され、警察が調査中とのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。