SamsungがiPad向け9.7インチパネルのトップサプライヤーに

ipad20220ss1mini.jpg本日、DigiTimesが、業界筋によると、2012年1月のSamsungのiPad向け9.7インチパネルの出荷枚数が2011年12月の165万枚から245万枚に増加し、LG Displayの供給枚数を上回ったようだと報じています。
そして、LG DisplayのiPad向け9.7インチパネルの出荷枚数は2011年12月が210万枚以上で、2012年2月には170万枚まで減少したようです。
また、もう一つの供給元であるChimei Innoluxも、2011年12月の出荷枚数が50万枚だったのに対し、2012年1月は35万枚と減少しているとのこと。
なお、2011年全体のiPad向け9.7インチパネルの出荷枚数は4800万枚になり、2012年は「iPad 2」向けが2500万枚、「iPad 3」向けが4,000万枚の計6,500万枚になるとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事