MicrosoftのOffice担当幹部、これまでの「iPad」のサポートに向けた取り組みを語る

Business Insiderによると、MicrosoftのOffice担当プレジデントであるKurt DelBene氏が、現地時間の水曜日に開催された投資家向けのカンファレンスで、「iPad」について語ったそうです。
同氏は噂されている「Office for iPad」については何も語らなかったものの、Microsoftが「iPad」をサポートする為に取り組んで来た内容を明らかにしたそうです。
まず、MicrosoftのウェブアプリケーションがiPadで良く機能するようにSafariの改善に関してAppleと共に取り組んでいたそうで、他にも「OneNote」アプリの開発やMicrosoftの電子メールサーバーやExchangeなどもiPadで動作する事をアピールしたそうです。
また最後に、iPadのようなモバイル機器に注力していくことも明らかにしたそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。