「Windows 8」の製品構成(SKU)に関する新たな情報

以前にHPのウェブサイトから明らかになった「Windows 8」のSKU(製品構成)の情報をお伝えしましたが、Neowin.netによると、「Windows 8 Consumer Preview」のレジストリからも「Windows 8」のSKUが明らかになったようです。

windows8sku.jpg
(クリックにて拡大 / Photo by Windows8Beta)

そのスクリーンショットが上記画像ですが、簡単にまとめると下記の通りになります。
 ・Windows 8 Starter edition
 ・Windows 8 Home Basic edition
 ・Windows 8 Home Premium edition
 ・Windows 8 Professional edition
 ・Windows 8 Professional Plus edition
 ・Windows 8 Enterprise edition
 ・Windows 8 Ultimate edition
 ・Windows 8 ARM edition

このまま決定なのであれば「Windows 8」のSKUは「Windows 7」よりも多い事になります。
ただ、流石にこれだけあるとややこしいですし、まだConsumer Preview (ベータ版) という事もあるので、今後もう少し整理されるものと思われますが…。
【関連エントリ】
 ・「Windows 8」の製品構成(SKU)は3種類か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。