Mac向けマルウェアの「Flashback」に新たな亜種が登場

ITmediaによると、Mac向けのマルウェア「Flashback」の新たな亜種が出現しているとして、ウイルス対策ソフトメーカーであるIntegoが注意喚起しているそうです。
新たな亜種は「Flashback.G」と呼ばれており、Javaの脆弱性を利用し、ユーザーが何も操作しなくても感染してしまうそうです。
また、このJavaの脆弱性が解決されたJavaの最新版がインストールされている場合でも、英文で「“Apple Inc.”の署名が入ったコンテンツがあなたのコンピュータにアクセスすることを望みますか」という内容のメッセージを表示し、マルウェアをインストールさせようとするそうです。
なお、「VirusBarrier X6」がインストールされている場合は同マルウェアには感染しないとのことですが、Macユーザーは注意が必要です。
【引用元】
 ・ITmedia
【関連エントリ】
 ・Mac向けマルウェアがOSの定義ファイル更新機能を無効化する機能
  を搭載

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事