「iPad」に続き「iPhone」の商標権を主張する中国企業が現る

buystrip_iphone4s2.jpg先日より色々と話題になっている中国での「iPad」の商標問題ですが、日本産経経済新聞によると、中国では「iPad」に続き、「iPhone」の商標を主張する企業まで現れたそうです。
「iPhone」の商標権を主張しているのは浙江省義烏市にあるランプや懐中電灯の販売企業だそうで、Appleが中国で「iPhone」の商標を登録していなかった為、2010年に登録を申請したとのこと。
中国の商標法では「有名ブランド」は登録していなくても保護の対象とされているそうで、Apple側は申請の撤回を要求しており、中国当局は中国企業側に対し補強証拠の提出などを求めているそうです。
なお、「iPad」の商標騒動については、広東省恵州市の地裁が同市の電器店に「iPad」とその関連商品の販売停止を命じたと報じられています。
【引用元】
 ・日本産経新聞

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事