Windows 8の"Metro UI"はMacを使って設計されていた事が明らかに

Cult of Macによると、CNetがMicrosoftの「Windows 8」に採用される”Metro”インターフェイスを作成したチームのリーダーであるBill Flora氏へのインタビュー記事を公開しており、そのBill Flora氏はMacユーザーで”Metro”インターフェイスはMacを使って設計されていた事が分かったそうです。
公開されたBill Flora氏の写真が下記画像ですが、デスクの上にはApple Cinema Display、MacBook Pro、Apple Bluetooth Keyboard、Magic Mouseといった感じにApple製品が揃っています。

billflora.jpg (Photo by CNet)
なお、過去にもWindowsの起動音やCMなどMicrosoftに関わるものでもMacで製作されたものは多数あります。
【関連エントリ】
 ・「Windows 95」の起動音はMacで制作されていた
 ・Microsoftの新CM「I’m a PC」はMacで作られていた

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事