Microsoft、ARM版Windows 8向けにも「Office 15」を提供へ

LargeWebIcon.png一つ前の記事で「Office 15」の新しいユーザーインターフェイスが明らかになったことをお伝えしましたが、Neowin.netによると、本日、MicrosoftがARM版Windows 8向けにも「Office 15」をリリースする事を正式に明らかにしたそうです。
ARM版Windows 8向けにも「Office 15」のWord、Excel、PowerPoint、OneNoteのデスクトップスタイル版が提供されるようです。
また、MicrosoftはARM版Windows 8をOSだけで販売しない事を明らかにし、ARM版Windows 8は全てARMハードウェアにインストールされた状態で提供されるようです。
更に、2月末に「Windows 8 Consumer Preview」がリリースされますが、ARM版Windows 8のベータ版などはリリースされず、今後も開発者と招待したハードウェアパートナーにのみいくつかのビルドが公開されるだけのようです。
【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Office 15」の新しいユーザーインターフェイスを公開

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事