「iPad 3」はクアッドコアでなく引き続きデュアルコアプロセッサを搭載か?!

本日、RepairLabsが「iPad 3」のものというバックシェルの写真を入手したとして公開している事をお伝えしましたが、The Vergeもこの件を報じており、その中で独自の情報筋によると、「iPad 3」は噂されているクアッドコアプロセッサではなく、デュアルコアプロセッサのままのようだと報じています。

screen-shot-2012-02-08-at-4-24-50-pm.jpg
(クリックにて拡大 / Photo by RepairLabs)
また、ディスプレイについては2048×1536の解像度になり、本体の厚みは1ミリほど厚くなるようです。
なお、発表時期については、今年は閏年で2月が29日まであり、その29日は過去にiPadを発表したのと同じ曜日の水曜日である事から、2月29日発表で3月9日の週末発売の可能性もあるのではないかと予想しています。
3月9日と言えば本日「iOS 5.1」の正式リリース日も3月9日との情報があったので、俄然可能性が高くなってきましたね。
【関連エントリ】
 ・「iPad 3」のバックシェルとされる写真が流出、より大きなバッテリーや
  異なるLCDを搭載する事が判明か?!

 ・【噂】「iOS 5.1」は3月9日に正式リリースか?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事