「OS X 10.7.3」ではマウスカーソルも高解像度化されている

昨日にリンゴが好きでぃす♪さんが「OS X 10.7.3」からマウスカーソル(マウスポインタ)のデザインが少し変更された事を伝えていましたが、MacRumorsによると、カーソルはデザインが変更されただけではなく、その高解像度版も用意されている事が分かったそうです。
まずカーソルのデザイン変更は下記画像の通り。

次に、カーソルの高解像度版が下記画像ですが、これはユニバーサルアクセスのズーム機能で拡大したものだそうです。
large.jpg (Photo by @mattgemmell)
ユニバーサルアクセス用という可能性もありますが、以前よりRetina対応Macの登場が予想されるヒントがいくつも見つかっているだけに期待してしまいますね。
【関連エントリ】
 ・「OS X 10.7.3 beta」でもRetina対応Macの登場が予想出来るヒントが見つかる
 ・Mac OSX LionはRetinaディスプレイ用の画像ファイルを搭載

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事