Samsung、スーパーボウルの中継においてAppleを揶揄する内容のCMを放映

米国では最も高い視聴率を誇るNFL(ナショナルフットボールリーグ)の優勝決定戦「スーパーボウル」のテレビ中継中に各企業が特別版のCMを放映する事が毎年恒例になっていますが、MacRumorsによると、今年のスーパーボウルが現地時間の5日に開催され、Samsungがそのスーパーボウルの中継中にAppleファンを揶揄した内容のCMを放映したそうです。
そのCMが下記動画ですが、「Galaxy Note」を推すCMであり、行列に並んでいるのは「iPhone」を購入する為に並んでいるAppleファンを表しています。

また、Samsungのマーケティング部門のトップは、CMはAppleを直接ターゲットとしたものである事も認めたそうです。
なお、Samsungの同シリーズのCMは去年から何本か放映されています。
【関連エントリ】
 ・Samsungがまた「iPhone」を揶揄した「Galaxy S II」の新CMを公開
 ・Samsungが「iPhone」を揶揄した「Galaxy S II」の新CMを公開

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事