「セキュリティアップデート 2012-001 (Snow Leopard)」のインストール後にRosettaを利用するアプリに多数の不具合

software_update2.gif本日、「セキュリティアップデート 2012-001 (Snow Leopard)」をインストールした後にRosettaを利用するアプリ(例:Office 2004など)で文書などを印刷する際に印刷出来なくなっているようだとお伝えしましたが、MacFixitや読者の方から頂いたコメントによると、「セキュリティアップデート 2012-001 (Snow Leopard)」をインストールすると、印刷出来ない問題以外にもRosettaを利用するアプリがクラッシュして正常に利用出来なかったり、ファイルを保存することが出来なくなっているそうです。
MacFixitでは、Rosettaを利用するアプリを使用するユーザーはこれらの問題が改善されるまで「セキュリティアップデート 2012-001 (Snow Leopard)」のインストールを見合わせた方が良いかもしれないと忠告しており、もしインストールしてしまった場合はMac OS X 10.6.8のコンボアップデートを再インストールする事で改善されるかもしれないとのこと。
(Thanks! あつさん & shinさん)
【関連エントリ】
 ・「セキュリティアップデート 2012-001 (Snow Leopard)」をインス
  トールするとRosetta利用アプリからの印刷が不可能に?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事