米ホワイトハウスは未だに「Windows XP」を使用中

Neowin.netによると、米ホワイトハウスはまだ10年前のOSである「Windows XP」を搭載したPCを使用しているようです。
これはホワイトハウスのシニア・アドバイザーであるDavid Plouffe氏がホワイトハウス内の自身の事務所で撮影したビデオに写っているPC画面に「Windows XP」のログインスクリーンやスクリーンセーバーが表示されていた事から明らかになったもので、セキュリティ面を最も重視しないといけない場所で10年以上前のOSを使用しているとは…。

windxpjan23.jpg
(Photo by Neowin.net)
whitehousexpuse2.jpg
(拡大図 / Photo by Neowin.net)

これを機に「Windows 7」へアップグレードするのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。