「iPad 3」用の高解像度パネルはシャープとLGが供給で決定??

ipad3mockup.gif本日、DigiTimesが、台湾のサプライチェーン ・メーカーによると、AppleはシャープとLG Displayを新しいiPad向けのQXGA (2048×1536) 9.7インチパネルのサプライヤーに選定し、その高解像度パネルの出荷は2011年第4四半期に始まり、2012年第2四半期に「iPad 2」で採用されているXGAパネルの出荷量を上回るようだと報じています。
高解像度パネルの出荷量は2011年第4四半期には100万枚足らずだったものが、2012年第1四半期には600〜700万枚、2012年第3四半期には1000万枚と増加し続けるようです。
また、「iPad 2」向けのパネルの出荷量は2011年第3四半期の1,600万枚がピークで、2011年第4四半期は1,000万枚、2012年第1四半期には700〜800万枚と下方調整しているようで、2012年第2四半期には出荷数量が逆転するとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で