Appleが主要サプライヤーの企業リストを公開

apple logo1.jpeg9 to 5 Macによると、本日、米Appleがサプライヤー責任情報「Supplier Responsibility」の内容を更新し、取引のある主要サプライヤー156社のリストが公開されたそうです。
そして、その中には過去に次期iPhone向けにディスプレイを供給するのではないかと噂された”東芝モバイルディスプレイ”の名前があるそうです。
過去に東芝モバイルディスプレイは「iPhone 4S」のLCDパネルのサプライヤーとして名前が挙がった事もありますが、実際のところ同社がApple向けに本当にディスプレイを供給している事が確認出来た情報はなく、同社は498ppiの超高精細モバイル用液晶も発表しているので「iPhone 5」に同社の高解像度ディスプレイが採用される事を期待してしまいます。
また、サプライヤーリストには”シャープ”の名前も記載されていますが、こちらは噂されている「iPad 3」用ディスプレイではなく、他のコンポーネントも供給しているものとみられています。
なお、公開されたサプライヤーリストに載っている日本企業のまとめはMacお宝鑑定団Blogさんが公開していますので、是非そちらをどうぞ。
【関連エントリ】
 ・東芝モバイルディスプレイ、498ppiの超高精細モバイル用液晶を発表
 ・「iPhone」のコンポーネントサプライヤーとそのシェア
 ・東芝が4インチ(367ppi)の超高解像度ディスプレイを発表へ
 ・次世代iPhoneの液晶パネルは東芝が生産か?!
 ・東芝とシャープがApple向けの有機ELパネルの生産を計画

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で