中国北京のApple Storeで「iPhone 4S」の発売を巡り大騒動が勃発

本日より中国を含む新たな22カ国で「iPhone 4S」の販売が開始されましたが、9 to 5 MacM.I.C Gadgetなどによると、中国北京にある「Apple Store, 北京三里屯」でオープン前にダフ屋などとの間で騒動が起こり、Appleは夜明け前に同ストアでの「iPhone 4S」の発売を急遽中止することを発表したそうです。
Appleが発売を中止した事から騒動は更に大きくなり、北京当局のSWATチームも出動し、「iPhone 4S」を購入したかった大勢の群衆がストアに押し寄せ、ストアに向け汚い言葉を叫んだり卵を投げつけた者もいたようです。

cdb2e88b808e3873033c-L.jpg
6687241411.jpg
(Photo by M.I.C Gadget)
なお、M.I.C Gadgetには複数の映像や多数の写真が掲載されていますので、是非どうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事