Apple、「iWork'12」で「iBookstore」との連携を強化し、自己出版を容易にするプラットフォームを提供か!?

本日、Appleが今月末に開催すると言われているイベントでは教育関連の2大プロジェクトが発表され、デジタル教科書やEPUB形式に対応したiTunesの自己出版サービスの開始などが発表されるのではないかとの情報をお伝えしましたが、その後、AppleBitch.comがこの情報を引用し、Appleは長らくアップデートされておらず次期バージョンのリリースが期待されている次期iWorkこと「iWork’12」と「iBookstore」を統合し、自己出版を容易にするプラットフォームを提供するのではないかと予想しています。

pagespulsibookstore
また、Appleは去年よりiWorkのインポート及びエクスポートレイヤーの開発に取り組む為のソフトウェアエンジニアを募集していたようで、これはこの為ではないかとみられています。
なお、現行の「iWork’09」でもePub形式での書き出しはサポートされていますが、ePub形式のファイルをPagesで開く事は出来ません。
あくまで予想ですが、今月末の発表に注目といったところでしょうか。
【関連エントリ】
 ・Apple、今月末のイベントで教育関連の2大プロジェクトを発表か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事