Apple、「iOS 5.1 beta 2」にiOSデバイスの偽のモデルナンバーを多数追加

本日、Appleよりデベロッパヘ「iOS 5.1 beta 2」がリリースされましたが、MacRumorsによると、この「iOS 5.1 beta 2」の”USBDeviceConfiguration.plist “という構成ファイル内にiOSデバイスの偽のモデルナンバーが多数追加されていることが分かったそうです。
(下記画像参照)

fake_ios_device_references.jpg
これまで「iOS」のシステムファイル内で未発表モデルのモデルナンバーを発見する事により、将来の発表モデルの予想などが行われてきましたが、Appleは予想を攪乱させるべく偽のモデルナンバーを多数追加したものを予想されています。
ただ、偽のモデルナンバーが追加されていないファイルもあることからテスト的に追加しただけとも考えられ、「iOS 5.1」の正式リリース時にどうなるのかは不明です。
【関連エントリ】
 ・「iOS 5.1 beta」のコード内に次期iPhoneのモデルナンバーが見つかる

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事